事業報告

令和4年度 ふるさと納税実績報告

はじめに

ディスカバー東広島では特産品の魅力を市外に発信するため、令和3年度よりふるさと納税の業務を東広島市から受託しています。令和4年度の実績は以下の通りとなり、寄附金額は前年度比164%、寄附件数は178%となりました。
【寄附金額】266,579,000円 【寄附件数】:6,410件

寄附金額と寄附件数増加に向けた取り組み事例

現在ふるさと納税市場自体が好調な伸びを見せており、令和4年度の市場規模は約9,000億円まで広がると言われています。ディスカバー東広島では令和4年度、寄附金額や件数を増加させるために地域事業者さんや商工団体さんと連携してさまざまな取り組みを行ってきました。

新規商品の開発と掲載

寄附金額と掲載商品数には相関関係があります。ふるさと納税に興味関心のある事業者さんの商品登録を支援し登録事業者数、商品掲載数を増やす取り組みを行いました。

セミナーの実施

日ごろから地域事業者さんと商品開発、流通支援等を行っている市内商工団体さん向けにふるさと納税制度や登録メリット等を展開するセミナーを実施し、参画者を増やしていく取り組みを行いました。また商工団体さんからのご依頼で地域事業者さんに直接ふるさと納税に関するセミナーも実施しました。

掲載商品のブラッシュアップ

商品のSEO対策やふるさと納税市場における寄附促進ノウハウを展開するため、メルマガの配信を実施しました。またポータルサイト運営会社と連携し、登録事業者向けに商品タイトルの調整や掲載写真の変更、ふるさと納税ならではの掲載の工夫などについて質疑応答形式でセミナーを実施しました。

寄附者利便性の向上

もともと寄附金額の設定が5,000円単位だったものを2022年4月より10,000円から30,000円までは1,000円刻みの価格へ変更し、寄附者の利便性を広げるようにしました。またポータルサイトのUI(特集記事、動線整備)を強化し、寄附者のニーズに沿った情報提供を行いました。

寄附者向けの情報発信(シティプロモーション)

寄附者の方へ東広島市の魅力を発信するために、メルマガや公式LINE、お礼状を通じて特産品や観光地などの紹介を行いました。

おわりに(今後の取り組み)

今後も魅力ある東広島市の資源を全国へ広げるために下記取り組みを行っていきます。

パブリシティによるブランドイメージの定着

プレスリリースなどを通じて情報発信を行い東広島市ふるさと納税の認知度を高める

ポータルサイトの追加

寄附金額、寄附件数増加のために新たなポータルサイト導入の検討

ノウハウブックの作成と配布

地域事業者さんに対して、登録メリットや登録方法、登録事業者さんの優良事例を展開することによって、参画者を増やし寄附金額、寄附件数増加に繋げていく

 

 

TOP